2015年02月21日

日本テレビで2002年3月2日、超能力者による未解決事件の透視番組が放送。この中で驚異の透視によって人々を驚かせたのが超能力者のナンシー・マイヤーで、彼女の超能力は犯人の顔を透視できるのです。

その正確さから「マダム・モンタージュ」と呼ばれ、今までに450件中350件もの事件を解決、
彼女と日本のかかわりでは、「武富士強盗殺人・放火事件」の透視でした。

2002年3月2日、テレビで犯人の顔を透視、その翌日に犯人に任意同行、二日後の3月4日に犯人が逮捕。

そして驚くべきは警察が発表していた似顔絵より、ナンシーの透視した犯人の似顔絵のほうが似ていたことで、現場に残った残留思念から犯人の行動や犯行の動機まで透視しています。



at 00:00│アメリカ 

2015年02月05日

史上最高のサイコメトラーとも呼ばれるジェラルド・クロワゼット、サイコメトラーとは物体や写真などに触れることで関連する人物や出来事や由来などを読み取ります。

有名なのは1979年11月、オランダのウオドリヘン地域で起きた連続放火事件で、地元のイーコフ警察署の署長自ら、クロワゼットの透視能力へのお墨付きが与えられました。この事件を記録したテンヘフ教授によると、「聞き取りの内容はすべてビデオテープに録画されている。そしてビデオの内容はすべて調書として起こされ、イーコフ署長によって署名がされている。」とのことです。

また、1976年5月には日本の番組内で行方がわからなくなっていた当時7歳の女の子を透視、警察も見つけることが出来なかった女の子の遺体をダムで見事に発見、警察よりも早く見つけと言われています



at 00:00│オランダ 

2015年01月29日

この人が一躍有名になったのは、高知県で起きた女子高生殺害事件のときに、霊視で遺体を発見した事件からです。

これは高知県須崎市の高校3年生の池田美紀さん殺害事件のことで、池田さんは1997年4月3日に行方不明になり、親類が4月9日に和田さんに霊視を依頼して、その情報通りに捜索して同市内のスカイライン沿いの山中で4月27日に絞殺された遺体を発見しました。

美紀さんの知人の男が殺人と死体遺棄容疑で逮捕、和田さんは「首を絞められていると伝えていたせいで、警察には犯人扱いされました」とのことです。

和田良海さんのHP



at 00:00│日本 

2015年01月08日

ゲイル・セントジョーンは「TVのチカラ」で取り上げられていた、茨城県稲敷市で女性の遺体発見を的中させたと言われる霊能者です。

数ヶ月前から行方がわからなくなっていたのですが、そんな時に遺体発見を透視によって的中させた超能力者がいたのですが、その彼女こそゲイル・セントジョーンと言います。 過去30年間で1000件もの依頼により、透視の的中率は90%を誇る全米屈指の超能力者、日本で有名なジョー・マクモニーグルは80%、ナンシー・マイヤーですら77%、このようにテレビ番組内では設定されています。


at 00:00│アメリカ 

2014年12月25日

こちらの女性はイギリスの霊能力者。

霊的な力を使って未解決事件を解決に導くと言われ、日本を代表する有名なスピリチュアル・カウンセラーの江原啓之氏が本物と認めるほどの実力を持つ霊能者です。


江原啓之氏によるとネラ・ジョーンズは50件以上の、難事件を解決に導いてきた非常に優秀な霊能者です。彼女が手がけた事件はたくさんあるようですが、その中でも名声を不動のものにしたのはイギリス中を震撼させた「ヨークシャーの切り裂き魔事件」です

これは1975年~1980年にか13人もの女性が犠牲となった、イギリスの犯罪史上に残る凶悪事件ですが、この事件では長年に渡り多数の被害者を出しながら警察の捜査は難航、もはや迷宮入り可と言われていた時に解決に導いたのがネラ・ジョーンズでした。

ネラ・ジョーンズは、「犯人はトラックの運転手よ。Cで始まる名前の会社に勤めている。犯人の名前はピーター。ブラッドフォードに住んでいて、女装の趣味を持つ男性」と、明言しました。

この他に犯人が住む家の番地までも霊視して、警察は情報を元に捜査を行った結果として切り裂き魔事件の犯人であるピーター・サトクリフをついに逮捕しましや。

その後の調べによると、ネラ・ジョーンズの霊視はほぼ全て的中していたと判明、江原啓之氏が認めた霊能者だけに実力は本物と言われています。



at 00:00│イギリス